マーケティング・広告宣伝の支援|有限会社船瀬経営革新研究所

有限会社 船瀬経営革新研究所 〒654-0153 神戸市須磨区南落合3丁目6番地18 TEL:078-793-6504 FAX:078-793-6504
mail:funase@funase-keiei.com

船瀬経営革新研究所

HOME > マーケティング・広告宣伝の支援|有限会社船瀬経営革新研究所

マーケティング・広告宣伝の支援

iStock_000005278901XXLarge.jpgお客様を受け入れる準備・体制が整ったら、いよいよ広告宣伝をかけていく段階となります。逆に準備ができていない段階で広告予算を投下し、集客が拡大しても、最高の顧客満足を提供することは適わず、悪い印象を与え逆効果となってしまいます。
広告は本来、「認知度=信頼」を得るためのツールとして、もしくは直接的に費用対効果を求めるダイレクトツールとして、「メディアと訴求内容」を上手く使い分ける必要があります。

しかしながら、「広告すること自体が目的」となってしまい、とにかく予算をかけることが正しいという錯覚に陥っているケースが多々見られます。更に酷いケースでは、一度始めた広告を止めてしまうことが怖いという依存症です。広告は利益を得る為の「手段」であり、手段であれば自ずと最小のコストで最大の効果が得られる手法を考案し続ける必要が出てきます。また、それらの結果がしっかりとフィードバックされ、次回へ生かされる体制も必要です。

当社では、広告することが目的のいわゆる「やりっ放し広告」ではなく、広告の本当の目的とターゲットを明確にした上で、それらを達成するための価値ある戦略宣伝をご提案させていただきます。

広告企画/PRコンサルティング

tyousa1.gif広告は、そのものだけではコスト以外のなにものでもありません。それによって、「認知」「利益」「ブランド価値向上」等、何らかの結果をもたらして初めて費用対効果が生まれます。また、客の行動心理に沿って一貫性を持たせることも大切です。断片的に宣伝を行って、偶々結果が出ることはあっても、それを常套手段として標準化することは困難です。

認知からアクション、そして最終利益までのイメージを明確に持てるからこそ、その宣伝は効果的なものであるといえます。

例えば、地域NO.1を目指しているある理容室に必要な広告は、TVCMや新聞広告ではなく、費用対効果を考慮し、コストをあまりかけずに出来る広告(口コミ、紹介、ポスティング、DM、店内POPなど)の範囲でプランニングすることといえます。 また、いずれにおいても、受け皿としての体制準備(顧客満足提供の土壌)をしっかり整えておけば、新規客をリピーターに変えることは容易になります。

当社では、各メディアの役割分担を明確にし、一貫性をもった広告プランニングを策定します。

ブランディング/商品開発

経営目標をよりスムーズに行っていく過程において、当然ブランドの構築(再構築)が必要となるケースが出てまいります。ブランド力は、会社の理念が明確となり、従業員の意識が高まることによる顧客満足(CS)向上利益の増大に他なりません。

当社では、コンサルティング業務を通してのゴールと会社のブランド力アップをイコールと捉え、付け焼刃的な改革ではなく、根本的な文化の構築を目指した提案を心掛けています。

また、商品・サービス開発においても同様です。新商品やサービスとは、大概未熟なものですが、それによってブランド価値を失墜させてしまっては、本末転倒です。戦略を柔軟・緻密に変化させつつ、クライアント社のノウハウを活かした商品開発のサポートをいたします。

bnr_inquiry-mail.jpg